玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている


夫婦とは、まったくもって不思議なものです。

おそらく世の中で、こんなにややこしくも難しい人間関係はないのではないでしょうか。

ほんとうに、ややこしや、ややこしやです。



恋愛結婚にしろ、見合い結婚にしろ、結婚して一つ屋根の下に住むということは、「片や天、片や地。片や陽、片や陰。」と原理的に対立の関係にある男と女というものが、共存することになるわけですから、ややこしくなるのがあたりまえなのです。

あるときはライバル、あるときは同級生、あるときは兄弟姉妹、あるときは師弟関係、あるときは友だち、またあるときは天を倶に戴かない仇のような間柄と、それも一日のうちに何回も、回転寿司のように入れ替わり、何が何だかまるで分かりません。

これを称して夫婦というのです。

そこで、日々、妬み合い敵視し合って、ときには互いの心を傷つけ合うこともあるものの、そこはそれ、夫婦は、ちょっど磁石のS極とN極のようものですから、互いに反発しつつも引き付けあって、ともに暮さなければなりません。

つまり、離れようとしても離れられない、何とも言えない微妙な雰囲気の中で二人が暮すというのが結婚です。








玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている
将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは
玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ
夫婦は生涯、仲良くしなければならない相手と心得よう
結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません
尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性
夫婦の道の険しさを克服できる人だけ玉の輿に乗れる
離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている
玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう
嫁に対する舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の心構え







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.