玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ


白隠禅師に、「利口で富貴になるならば鈍なる人はみな貧か」という言葉があるように、人間は小賢しいだけでは成功しないのが世の常であります。



成功の条件には各種あっていちいち取り上げることはできませんが、つまるところ、男では度胸であるし、女性はやはりいつの時代も愛嬌ではないかと思っています。

このように言いますと、最近の風潮では手厳しくお叱りを受けるかもしれませんが、いずれにしましても、女性の幸福は何も社会に出て活躍するだけが幸福への道ではないです。

やはり女性にとっては、玉の輿に乗るよりも家庭生活の安定が最終的な幸福の目標ではないでしょうか。

この場合、女性はなにも利口でなければならないという必要はありません。

歴史上では
・紫式部(源氏物語の著者)結婚に2年にして夫と死別していますし、
・清少納言(枕草子の著者)は婚姻の件は不明ですが、晩年には出家しているようです。
・また、春日局も結婚して三児をもうけましたが、夫婦不和から離婚したようです。



このように歴史に名を残すような賢婦人は、女性として幸せな生涯であったかどうかははなはだ心もとない限りです。

女性の幸福を「穏やかな家庭生活に恵まれる」をもって第一とするなら、夫婦相和し、子どもたちからも尊敬される中で、共に白髪で生を全うするのを理想とすべきではないでしょうか。


そのためには、
@ 穏やかなで上品な振る舞いである。
A 思いやりとやさしさの気持ちが強い。
B ツンとお高く留まっていない。
C 他人との接し方がソフトで誰にも愛敬される。
D ふくよかで、ギスギスしていない。
E 心が純である。
でありさえすれば、何もたいした教養は必要でないし、まして小利口である必要などさらさらありません。







玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている
将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは
玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ
夫婦は生涯、仲良くしなければならない相手と心得よう
結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません
尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性
夫婦の道の険しさを克服できる人だけ玉の輿に乗れる
離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている
玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう
嫁に対する舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の心構え







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.