玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう


とにかく夫婦の数だけいろいろな内容があり、離婚に至るケースも人それぞれですが、ただ運悪く玉の輿に乗れなかった女性も軽はずみで離婚してはいけません。



夫婦といえども、ひとたび縁があって一緒になったからには、夫は夫としてのプロ、妻は妻としてのプロにならなければなりません。

だったら両者ともプロ意識にたって、たわいもない甘えや逃げが許されないことを知らなければなりません。

離婚のとき、めちゃくちゃに傷ついて、もう二度と結婚はコリゴリだと心の底まで思った人が、年月を経ずして再婚して幸福な生活をしている人もなかにはいますが、これらは非常にまれなケースであります。

だいたいは、就職でも結婚でも、はじめてのときは、自分の一生を託そうと真剣に考え決定しますが、二度目や三度目になりますと、自分の置かれている条件がだんだんと悪くなるわけですから、一度目より良い条件の会社に就職することは難しいし、また、結婚にしても、二度目は子どもがいる場合もあるなど、好条件の結婚に歯止めがかかりやすいものです。

特に、離婚後の女性については、いろいろと苦悩が伴いやすいのも事実です。

@ 子育て
A 近隣の人たちとの疎外感
B 生活難
C 子どもの将来
D 老後の生活不安

などなど、どれ一つをとっても、女性が一人で生きていくのには荷が重過ぎます。



世間一般では、離婚する夫婦が増えているのも事実ですが、芸能人同士の結婚なら、離婚してもそれなりの生活が保たれるかもしれませんが、一般の夫婦ではそういうわけにはいきませんので、できれば安易な社会風潮に乗らないことが大切です。

離婚の結末は、上記の@〜Dが離婚のその日から待ちかまえていることを覚悟しておく必要があります。

いつの時代も、夫婦は家庭生活という道場で、お互いを磨くために存在するわけですから、はじめから、幸せ家族なんて空想であって現実にはないものです。

みんなそれぞれ、喧嘩したり労わりあったり、また、助け合いながら夫婦生活を維持しているのが実情です。
そうした苦労の末にはじめて、夫婦ということの意味が少しずつわかってくるのです。

ですから、ちょっとした意見の食い違いなどで離婚を軽々しく口にすべきものではありません。離婚に際しては、細心で臆病であるのが良いのです。決断と実行はいつでもできるからです。







玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている
将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは
玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ
夫婦は生涯、仲良くしなければならない相手と心得よう
結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません
尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性
夫婦の道の険しさを克服できる人だけ玉の輿に乗れる
離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている
玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう
嫁に対する舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の心構え







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.