玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
陰陽論は男と女の正しいあり方を象徴している


ここでは、陰と陽の原始の姿を知ることによって、本来の夫婦の道、あるいは男女のあり方について考えてみようとするものです。

陰陽論と言えばすぐに中国の専売特許みたいに考える方がおられるかもしれませんが、日本ではすでに古事記(こじき、ふることふみ)に陰陽の本質的な考え方が神話の形で説明されています。

※ 古事記は、和銅五年(712)正月二十八日に、元明天皇に献上された、とその序に記されています。序によれば、天武天皇が「諸氏族が持っている帝紀および本辞は、もはや真実と違っていて虚偽を加えている」と聞き、その誤りを改めなかったら数年のうちに本旨がなくなるだろうから、虚偽を正して後世に伝えよう、と企画したのが始まりです。
舎人である稗田阿礼に誦み習わせたものの天武天皇の崩御で中断。
その後元明天皇が太安万侶に命じて続行した、ということです。



イザナキ(男神)とイザナミ(女神)の日本国創設

■ 「イザナキ、イザナミよ、この天の沼矛を持って、脂のように漂う国を固めて治めるのだ。」二人の神は命じられるままに、天の浮橋に立ってその沼矛で漂う国をかきまわすと、矛の先にしたたるしずくが重なり積もって島になった。この島の名を、オノゴロジマ(淤能碁呂島)という。

■ その島に下りて、天の柱を立て、二人の神がすまう家を建てた。「イザナミ(陰の神)よ、そなたの体はどうなっている?」「私の体は足らないところが一つございます。」

■ 「そうか、私には余っているところが一つある。私の余っている部分で、あなたの足らないところをふさいで、国土(くに)を生もうと思うが、どうだろうか?」「そうしましょう。」「そうとなったら、この天の柱をまわって子供を産もう。そなたは柱の右から回り、私は左から回ろう。」

■ 大きな天の柱を回って再び出会う二人の神。
「あなたはなんて素敵な男性なんでしょう。」「そなたはなんてかわいらしい女性なんだろう。」

■ 言葉をかけ終わった後に、イザナキ(陽の神)は首をかしげて「女性から先に言葉をかけるのはよくないのではないのだろうか…」




■ 「おぎゃぁ!!」「おぉ、生まれたか、イザナミよ。おー、どれどれ元気な子が…。やや、なんだこの子は!?」「ど、どうされました、あなた。」「この子には骨がないぞ。まるでヒルコ(水蛭子)のようだ。こんな子は葦で作った舟で川に流してしまえ。」「どうして、こんなことに…」「イザナミよ、すんだことは気にしても仕方ない。もう一度、子供を作ってみよう。」「ええ、あなた。」
しかし、二人目の子供も子供と呼べないものだった。
その子供の名は淡島と言った。

■ 「どうして、二人の子供はダメだったのか、天にいる神々に聞いてみよう。」「ええ、なんだか不吉ですね。そうしましょう。」
二人の相談を受けた天つ神々は、占いをしてその結果を伝えた。
「むむ、占いの結果、女性が先に言葉をかけたのがよくないようだ。今度はイザナキ(陽の神)が最初に声をかけるのだ。さぁ、もう一度やり直すがよい。」
「分かりました。」

■ 天の柱に戻り、先ほどと同じように柱をまわり、今度はイザナキから先に、「そなたはなんてかわいらしい女性なんだろう。」「あなたはなんて素敵な男性なんでしょう。」


■ このような言葉をかけた後に生まれた子供は、淡路島。
次に四国。次に隠岐の島、そして、九州を生んだ。
次に壱岐の島を生み、対馬を生み、佐渡を生んだ。
次に、オホヤマトトヨカキヅ(大倭豊秋津島:大和を中心とした畿内)を生んだ。
この先に生んだ八つの島を大八島国と言った。
この後に、児島半島を生み、小豆島を生み、次に、大島を生んだ。
次に姫島を生み、五島列島を生み、男女群島を生んだ。



上記の神話の中に陰陽のあり方の根本的な原理が潜んでいます。

(1) イザナミ(女の神)がイザナギ(男の神)に対して、最初に「何ていい男だろうと」と声をかけていますが、本来「陰」は「陽」に従うべき原則があるのに女性の方から先に声をかけてしまい、ヒルコ(水蛭子)ができたということです。
ヒルコというのは、蛭(ヒル)のような子どもということで、いまで言う小児麻痺の子どもの意味であります。

(2) 今度は、イザナギ(男の神)がイザナミ(女の神)に対して、先に「そなたはなんてかわいらしい女性なんだろう。」と声をかけて、それから生まれた子はまともな子であったということです。

(3) この神話は非常に意味が深いものがありまして、「陰」は「陽」に従うべきものであるということを象徴的に言っているものです。


四柱推命学では、女性からみて男性は「正官」に該当していますが、正官は女性を教導して正しく導くいう意味があり、女性は男性に従うべきものであるという原始の姿をあらわしています。
このようなことを言いますと、男尊女卑ではないかと女性陣から反撃を受けるところですが、けっしてそのような意味ではありませんので、やや弁解させていただきます。

■ この世は二象一態でできており、一人の男性と一人の女性が愛し合って夫婦となり、その夫婦が築きます家庭が社会の基礎単位となり、その基礎単位がしっかりしておれば、しぜんに社会が発展して、それぞれの家庭に幸福がおとずれます。
夫婦というのは、ちょうど電気のプラスとマイナスのようなもので、プラスとマイナスが一体化すれば、電気となって大きな力を発揮し、テレビや冷蔵庫が使用できるようになるだけでなく、街灯がともり、電車が走り、文明発展の基とな.るものです。

■ 男性が女性を教え導くというのは原始の姿であり、それは当然現在の世も変わらぬ姿ではありますが、これは男性は「剛」、女性は「柔」という意味でもあり、女性は男性に従いながら、「柔よく剛を制す」というように、男性に従うことによって、男性を意のままにあやつることができる意味も含んでいます。

■ もう少し平たく言えば、結婚している女性ならお分かりになると思いますが、夫というのは偉そうなことを言いながら、現実の力関係では妻に頭が上がらないのが一般家庭のありようではないでしょうか。

■ そういうことで、男性も女性も、どちらが上でどちらが下というようなことはなく、違いがあるとすれば、「陽」としての働きと、「陰」としての働きの相違からしぜんにでてくるものであります。







玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには、これまでの考え方を一新すること
正しい夫婦関係を知ることが玉の輿に乗る秘訣
玉の輿に乗る条件は夫婦は一心同体であることを知ること
男はあなたが幸せになれば喜ぶ生き物なのです
夫を幸福にすることが玉の輿に乗る秘訣
いい男と波長を合わさないと玉の輿には乗れない
玉の輿に乗るためには、真面目な男性はどういう女性を選ぶのかを知っておこう
玉の輿に乗るには財産や家柄にこだわず、男の才能にこだわろう
男は女性を手に入れようと思えば平気でウソつもつく
同情結婚であなたの人生を犠牲にしてはいけない
嫉妬深い男を結婚相手に選んではいけない
男女の関係が長続きするのはお互いの笑顔から
 
 【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
陰陽論は男と女の正しいあり方を象徴している
左は男を象徴し、右は女を象徴している
最近の男女同権と離婚の関係について
阿吽(あうん)の呼吸が合うことが男女の恋愛の基本
女性が男性の右側に並んで歩くのがカップルの基本







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.