玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
左は男を象徴し、右は女を象徴している


左(ひだり)とは、「火足り(ひだり)」のことであり、火が足りるとは、火は陽を表わしており、その陽の火が足りるとは、陽の極を意味します。



右(みぎ)とは、「水極(みぎ)」のことであり、水が極まるとは、やはり水は陰を表わしており、その陰の水が極まるとは、陰の極を意味しています。

ですから、左は男性を象徴し、右は女性を象徴することになります。


さて、男性は左から進み、女性は右から退く意味ともなり、具体的には、野球のピッチャーとキャッチャーのような一対の関係で、男性がピッチャーで、女性がキャッチャーということになります。

男性のハタラキをするピッチャーは、積極的に投げ込み、女性のハタラキをするキャッチャーはその強く投げられたボールを素直に受け取る関係のようなものです。

ピッチャーが投げたボールを上手くキャッチするためには、キャッチャーは前に手を差し出してボールを捕ろうとすると手が痛くて痛くてしようがないですが、手を後ろに引くようにしてボールを受け取ると素直にミットに入ってくれます。



このようになりますと、「投げる」と「受ける」が一体となって調和しますと、素晴らしいゲームが展開され、見ていても楽しいということになります。

男女の関係もまったくその通りで、家庭生活では夫からいろいろと注文やら指示が投げられてきますが、その指示の受け取り手である妻が、その指示を素直に受けて従えば、夫婦の仲が上手く調和しますが、その指示に対し、あれこれと文句を付けるようなことになりますと、家庭不和の元になります。

妻は、多少理不尽な夫の言も素直にスーと受け入れるようになりますと、夫のほうも無理難題を言うこともなく、自然に調和の取れた家庭生活が営めるようになるものです。

なぜなら、これが天地自然の法則に則っているからであり、この法則から離れれば離れるほど、家庭争議はもとより、仕事でも問題が生じやすくなり、また、周囲の環境もギスギスしたものに自然になってきます。







玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには、これまでの考え方を一新すること
正しい夫婦関係を知ることが玉の輿に乗る秘訣
玉の輿に乗る条件は夫婦は一心同体であることを知ること
男はあなたが幸せになれば喜ぶ生き物なのです
夫を幸福にすることが玉の輿に乗る秘訣
いい男と波長を合わさないと玉の輿には乗れない
玉の輿に乗るためには、真面目な男性はどういう女性を選ぶのかを知っておこう
玉の輿に乗るには財産や家柄にこだわず、男の才能にこだわろう
男は女性を手に入れようと思えば平気でウソつもつく
同情結婚であなたの人生を犠牲にしてはいけない
嫉妬深い男を結婚相手に選んではいけない
男女の関係が長続きするのはお互いの笑顔から
 
 【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
陰陽論は男と女の正しいあり方を象徴している
左は男を象徴し、右は女を象徴している
最近の男女同権と離婚の関係について
阿吽(あうん)の呼吸が合うことが男女の恋愛の基本
女性が男性の右側に並んで歩くのがカップルの基本







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.