玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
阿吽(あうん)の呼吸が合うことが男女の恋愛の基本


【これも陰陽の働き、あるいは作用というものを表現しています。】

インターネットで調べてみますと、

お寺さんの山門の両脇に、凄い形相で並んでいるおっかない筋骨隆々の仁王様。
その仁王様の口元を注意深く観察してみると、たいてい、阿(あ)と吽(うん)の形をしています。神社さんの入口に鎮座されている狛犬さんの口元を注意深く観察してみても、たいてい、阿(あ)と吽(うん)の形をしています。



一般的な意味としては

二人以上で何かひとつのことをする時、微妙なタイミングも多くを語らずピタリと決まること、気持ちが一致している関係を「あうんの呼吸」と表現する。この「あうん」とはどういう意味なのだろうか。

あうんは「阿吽」と書く。インド古語のサンスクリット語の「a」と「hum」の音に漢字を当てたもので、口を開いて出す音(開声)と閉じて出す音(合声)の組み合わせにより、呼気と吸気という意味も持つ。
また日本語の五十音表に似たサンスクリット語の悉曇では、それぞれ最初の音と最後の音である。

神社の狛犬・獅子や寺の仁王像のコンビは、一方は口を開けた阿(像)で、もう一方は口を閉じた吽(像)となっている。これは阿と吽で万物の始まりから終わりまでを象徴したもの。つまり「あうんの呼吸」と言えば、最初から最後まで全てにおいて呼吸の合う、心の通じ合った関係というわけである。



阿吽の関係を陰陽論から説明させていただきますと

(1) 「阿」というのは、「あ」という声であり、口をできるだけ大きく開いて、口をどこもゆがめたり曲げずに積極的に声を出しますと「あ−」という声になります。
これは、エネルギーを外に発散して積極的に何か行動しようとする「陽」の働きの声であります。

わたしたちが笑うにしても、いろいろな笑いがありますが、「アハハハハハ」という笑いが一番素直で明るい笑いになり、そのような何の邪念もない明るい陽の声が「あ」という響きになります。

(2) 「吽」(うん)というのは、「う」という声であり、「う-」という声、あるいは響きというものは、口をまったく開かなくてもしぜんに出るところの内に含む声であり、これはエネルギーを内にためてそこから何かを生み出そうとする、あるいは外に現われようとする声で、「陰」の声であり、女性の働きでもあります。



わたしたちがトイレに行って「ウーム」と力む声であり、女性がお産の時にエネルギーを内にためて赤ん坊を生もうとする瞬間の「ウーム」といきむ声でもあります。
そして「いきみ」が頂点に達して「オギァ−」と赤ちゃんが生まれたら、「アーやれやれ」となって「あ−」の声になります。
これが「陰極きわまって陽転する」ともいいます。
人間は気合いを入れるときは、「あ」の声ではエネルギーは充填できません。気合いを入れるときはかならず「ウー」という声なき声でエネルギーを腹にためていると思います。

※ 英語で女性のことを「ウーマン」と言いますが、これは「ウーの人」ということかもしれません。

(3) そして、一切の事物は、この陽(あ)と陰(う)が交わることによって、生じたとされており、日本語のことばである「イロハホヘト・・・・」という発音も口の形で言いますと、すべて「あ」と「う」の変形した形で生じています。
このようにすべてのことばは、「あ」と「う」の交接した一点におさめられており、その「あ」と「う」が活動することによって、すべての言葉が生み出されて、一切の事物が生じてくるというのが形而上の見方であります。


(参考)

余談にはなりますが、地球は太陽を1年かけて回っていますが、地球はつねに遠心力によって太陽系から飛びだそう飛び出そうとしています。その地球の遠心力によって飛び出そうとする力を太陽の引力によってつなぎとめているのが現実の姿であります。

陰と陽の関係から言えば、つねに外に向かって飛び出そうとする地球のエネルギーは「陽」の働きであり、その地球を飛び出さないよう内に引っ張ろうとする力は「陰」の働きと言えます。
ですから、物理学では引力といわれていますが、形而上から考察しますと、太陽の陰の働きは、太陽の愛の現れであり、そのことを形而下では、「引力」と名付けられています。

もう少し具体的に言えば、私たちが生活している地球は1日で一回転しているため、本来相当のスピードで回転していることになり、われわれ人間はその遠心力によって地球外に飛び出すはずですが、それ以上に地球の引力がまさるため何ごともないように安定した生活が営めているのです。この地球の引力はすべてのものをつなぎとめておきたいという愛の具現化したものであります。







玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには、これまでの考え方を一新すること
正しい夫婦関係を知ることが玉の輿に乗る秘訣
玉の輿に乗る条件は夫婦は一心同体であることを知ること
男はあなたが幸せになれば喜ぶ生き物なのです
夫を幸福にすることが玉の輿に乗る秘訣
いい男と波長を合わさないと玉の輿には乗れない
玉の輿に乗るためには、真面目な男性はどういう女性を選ぶのかを知っておこう
玉の輿に乗るには財産や家柄にこだわず、男の才能にこだわろう
男は女性を手に入れようと思えば平気でウソつもつく
同情結婚であなたの人生を犠牲にしてはいけない
嫉妬深い男を結婚相手に選んではいけない
男女の関係が長続きするのはお互いの笑顔から
 
 【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
陰陽論は男と女の正しいあり方を象徴している
左は男を象徴し、右は女を象徴している
最近の男女同権と離婚の関係について
阿吽(あうん)の呼吸が合うことが男女の恋愛の基本
女性が男性の右側に並んで歩くのがカップルの基本







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.