玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
女性が男性の右側に並んで歩くのがカップルの基本


女性は男性のどちら側を歩くのが正しいのでしょうか。


若いカップルが街を歩く場合、女性は男性のどちら側を歩くのが自然か、お分かりでしょうか。



陰陽論でいきますと、左は陽を象徴し、右は陰を象徴しています。

このため、男性が左側に立ち、女性が右側に並んで歩くのが自然のありようで、女性の左手が男性の右腕に回るようになるかと思います。


男女のあり方というのは、人間が法律で決めたものではないため、一般のカップルですと、誰かが指図しなくても、自然にそのような歩き方になるのが普通です。

天地自然に則った歩き方をしますと、大体は、夫唱婦随の夫婦生活になりますが、もし、男性が右で女性が左に並んで歩くようなカップルですと、婦唱夫随で女性上位の家庭を築かれるのではないでしょうか。

機会があれば、街に出られたときに、よく観察してみられてはどうでしょうか。

さて、あなたはどうでしょう。

レストランやホテルなんかに行きますと、お客さんが入れるトイレがあると思いますが、本来なら男性用のトイレが左側(向かって右)で、女性用のトイレが右側(向かって左)にあるのが、正しい配置ではないかと考えます。



あなたの会社のトイレはどのように配置されていますか。
左と右に関しては、酒宴で座る席順を決める場合にも、今でも応用されているのをご存知ですか。

中国では「君主は南面に座す」という言葉があります。君主が北を背にして南向きに座りますと、左側は東になり日が昇る方角です。君主の右側は西になり、日が没する方角となります。

このため、君主の次に偉い人が左側に座り、その次の人が右側に座るのが常道です。


したがって、会社の宴席などでは、社長が上座の真ん中に座りますと、社長の左側(向かって右)に部長、右側(向かって左)に課長、というような順番になろうかと思います。あなたの会社はどうですか。

これを知っていれば、お酒の席の並び順に迷うことはありませんので、大いに活用してください。

なお、最近では、雛飾りで男雛(おびな)と女雛(めびな)の据え方ですが、お店などでよく男雛を向かって左に座らせていますが、これは間違いです。

男雛は向かって右に据え、お姫様は向かって左に据えるのが正しいと据え方であります。







玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには、これまでの考え方を一新すること
正しい夫婦関係を知ることが玉の輿に乗る秘訣
玉の輿に乗る条件は夫婦は一心同体であることを知ること
男はあなたが幸せになれば喜ぶ生き物なのです
夫を幸福にすることが玉の輿に乗る秘訣
いい男と波長を合わさないと玉の輿には乗れない
玉の輿に乗るためには、真面目な男性はどういう女性を選ぶのかを知っておこう
玉の輿に乗るには財産や家柄にこだわず、男の才能にこだわろう
男は女性を手に入れようと思えば平気でウソつもつく
同情結婚であなたの人生を犠牲にしてはいけない
嫉妬深い男を結婚相手に選んではいけない
男女の関係が長続きするのはお互いの笑顔から
 
 【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
陰陽論は男と女の正しいあり方を象徴している
左は男を象徴し、右は女を象徴している
最近の男女同権と離婚の関係について
阿吽(あうん)の呼吸が合うことが男女の恋愛の基本
女性が男性の右側に並んで歩くのがカップルの基本







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.