玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません


男女の関係については、別に成年男女の双方合意の上でのものですから、何も文句を言うことはありません。



男女間のことは当人同士の意志ですべてが決まります。

男女の、とりわけ女性の気持ちは複雑ですから、画一的にこうあらなければならないとは言えません。

とくに最近は結婚という形態にとらわれず、ふたりの愛情を優先する傾向も強まっています。

あるフランス人は「結婚に意味はない。万一の場合の離婚手続きも大変だし、愛情がなくなったカップルが一緒にいること自体、道徳に反する。社会は変わった」と言っています。

ただ、日本には日本なりの伝統があります。

ここでは、かつての日本における結婚のあり方を見ておきましょう。



中世以降、最も一般的で現代に続く伝統を持つ結婚の形式は、「嫁入り婚」「輿入れ婚」と呼ばれるものです。

ほかには、平安時代の「通い婚」などがあります。

ちなみに結婚ではありませんが、江戸時代の「不義密通」。


これは発覚すれば、即、切り捨て御免。

男女を重ねて串刺しにする残酷さ。

軽く済んで江戸所払い。

また、心中も流行ったらしい。

とはいえ、総じて日本人は真面目な民族ですから、たいていは、正式に結婚式を挙げ、夫婦生活を営んできました。

それが原動力になって、今の日本があるわけです。







玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている
将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは
玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ
夫婦は生涯、仲良くしなければならない相手と心得よう
結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません
尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性
夫婦の道の険しさを克服できる人だけ玉の輿に乗れる
離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている
玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう
嫁に対する舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の心構え







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.