玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性


冬になりますと、近くの河川や湖沼におしどりがやってきます。

彼らは大抵「つがい」でいるところを目にしますね。

これにちなんで、固く結ばれた夫婦のきずなのことを鴛鴦の契りと言います。



謡曲「高砂」には、木守る老人「尉」と、その妻である老婆「姥」の描写で、「おまえ百まで、わしゃ九十九まで。ともに白髪の生えるまで」というのがあります。
この関係こそ、玉の輿に乗った女性と言えるでしょう。


この老夫婦が落ち葉をかき集め燃やす姿が大変めでたいとされ、古来、彫刻や絵画になって床の間に飾られています。

縁あって一緒になった者同士、このように仲むつまじく添い遂げていただきたいものです。

なお、夫婦の契りの固いさまを表わす言葉に、ともに老い、死後同じ墓に葬られるという意で、偕老同穴(かいろうどうけつ)という言葉もあります。


こんな歌があります。

 
夫には 従うものと 知りながら
   夜のみとこそ 思いしぞ憂(う)き

夫婦生活は、夫に従ってついていくべきだと知ってはいたが、夜だけで良いと思っていた。

だが、これは間違いであったと、やっと気が付いた自責の歌であります。


夫婦生活は、好きでいっしょになった相手でも、離婚することとなったり、あるいは途中で嫌になっても、生涯、夫婦生活を全うする人もおり、夫婦の縁は不思議なものであります。

夫婦は宿世の縁で結ばれるものであり、この広い世の中に赤い一本の糸で結ばれる男女は一組しかいないことを考えれば、ただごとではありません。

自分が愛されたいなら、まずは相手を大切にし、また、二人が心を一つにして努力すれば、非常に素晴らしい家庭生活を築けるのではないでしょうか。







玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている
将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは
玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ
夫婦は生涯、仲良くしなければならない相手と心得よう
結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません
尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性
夫婦の道の険しさを克服できる人だけ玉の輿に乗れる
離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている
玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう
嫁に対する舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の心構え







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.