玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている


今までの経験によりますと、離婚話を最初に持ち出すのは女性のほうが多いようです。



離婚話を持ち出すにいたった理由は何かと言いますと、

@ 夫が浮気をしている。
A 夫がカネを家に入れない。
B 夫の愛情が冷え切っている。
C 性格不一致。
D 二人のあいだに会話がない。

などなどであります。

そして、たいていは相手の欠点ばかりを並べ、自分の内面への反省がない場合が多いです。

私も相性診断などを無料で実施させていただいていますが、ちょうど相性がぴったりの夫婦には、そうそうお目にかかったことがありません。

おそらく、百組、二百組の夫婦に一組あるかないかではないかと思います。

いや、もしかしたら、千組に一組あるかないかではないでしょうか。

したがって、世のたいていの夫婦は、いわゆる「割れ鍋に綴じ蓋」「お茶漬け夫婦」というところに落ち着いています。

相性100パーセントの夫婦は、おそらく最初からないのかもしれません。



お互いの凹凸を認め合い、補い助け合うことが、最終的にいい夫婦の条件なのかもしれません。

譲る心を持ち、自分の気持ちを抑え、相手のために生きることが大切です。


あるいは子どものために辛抱して生きる、そんな姿勢に「立派」とか「尊い」という言葉が堂々として使えるのです。

子どもに自慢できる結婚生活。

子どもから尊敬される結婚生活。

そこにこそ、二人の哲学がキラリと輝くものなのです。





玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている
将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは
玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ
夫婦は生涯、仲良くしなければならない相手と心得よう
結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません
尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性
夫婦の道の険しさを克服できる人だけ玉の輿に乗れる
離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている
玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう
嫁に対する舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の心構え







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.