玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは


夫婦の縁は宿世のものであるとよく言われますが、ほんとうに夫婦ほど不思議な関係はないでしょうね。



とにかく互いに生まれが違うし、育ちも違います。そして何よりも異性ということから、そこに繰り広げられるさまざまな悲喜劇がかもす人間模様は永遠のテーマとなって、いろいろと人生を考える材料を提供してくれます。

@似た者同士 
A蓼(たで)食う虫も好き好き 
B割れ鍋にとじ蓋など

数え上げたらきりがないくらいいろいろな夫婦像があり、そういう夫婦生活の中で離婚したり駆け落ちしたりと、夫婦縁のドラマが繰り広げられています。

それでは、どのような夫婦が発展性のある夫婦像になるかを見てみましょう。

夫婦は一対の男女で成り立っています。

夫婦といえば、男女二人で一対となり、二象一態の形態となります。

人間は、一人ひとりエネルギーを持っており、ひとりのエネルギーは【+1】 の強さをもっていますが、ただ夫婦の場合には二人で一対の関係になりますので、ふたり合わせて【+1】のエネルギーになります。

夫のエネルギー【+0.5】、妻のエネルギー【+0.5】ということになります。
夫(+0.5)+妻(+0.5)=1.0 という関係になります。

ここで、繁栄の可能性のある夫婦像としては、二人合わせて【1】になるのが良いとします。

【1】より小さいと、夫婦生活に活力がなく、愚痴の多い夫婦生活に終始しやすいと考えると良いでしょう。



まずは、自分と配偶者で自分の内面を見つめて、どれぐらいのエネルギーになるか計算しましょう。

@ 男性は同性の男性の、女性は同性の女性の、それぞれの同年代の三人を掌握できるか、あるいは統率できる自信があるか。
A 計画は着実に実施できるか、実施できないときには、即座に撤退する勇気があるか。
B 一般の人より、ひとつ得意なものがあるか。
C 困難な仕事か、あるいは大きな仕事を抱え込むことができるか。
D 肉体的に問題はないか。要は健康かどうか。
E 他人に対して世話を焼くとか、面倒見が良いか。

この六つの条件に対して冷静に自己診断をしてみてください。
☆ 6項目すべて可なら、エネルギーは0.65
☆ 4〜5項目が可なら、エネルギーは0.55
☆ 3項目なら、0.5
☆ 2項目なら、0.4
☆ 1項目なら、0.35
☆ なにもないなら、0.3
とし、次は配偶者について診断して点数を出し、夫婦プラスしてください。




それが、
☆ 1.3なら、将来、社会的に名がいきわたるほどの大きな成功が期待できる。
☆ 1.2なら、将来、相当大きな運勢の進展が期待できる。
☆ 1.1なら、将来、世間で中よりやや上の生活ができる。
☆ 1.0なら、将来、一般世間並みの生活になる。
☆ 0.9なら、将来、世間よりやや劣る生活なり人生になる。
☆ 0.8なら、将来、夫婦のどちらかが気が弱く、そのうえ病弱で運勢の開発力に劣る。
☆ 0.7なら、将来、家庭は陰気で発展性に乏しく、夫婦のどちらとも無気力か病弱。
☆ 0.6なら、将来、家運の隆昌は期待できず、そのうえ二人とも無気力で病弱。

と判断します。





玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
夫婦とはまったくややこしい人間関係で成り立っている
将来が楽しみな玉の輿に乗った夫婦像とは
玉の輿に乗っても家庭生活の安定こそが女性の幸せ
夫婦は生涯、仲良くしなければならない相手と心得よう
結婚の形態も杓子定規に考える必要はありません
尉(じょう)と姥(うば)の関係こそ、玉の輿に乗った女性
夫婦の道の険しさを克服できる人だけ玉の輿に乗れる
離婚の真の原因は自分の心の中に秘められている
玉の輿に乗れなくても、離婚は最後の手段と心得よう
嫁に対する舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の心構え







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.