玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

玉の輿に乗るには、礼儀作法が何よりも大切


外人は、靴を履いたまま家の中に入る習慣がありますので、日本に来ても靴を脱ぐ習慣がないため、家に招いても脱ぎっぱなしということを聞いたことがあります。



ですから、靴を揃えて脱ぐというマナーがないから、日本の子供のように乱雑のようです。

私たち日本人は、習慣の違いもありますが、丁寧に脱ぐのだな、と感心してしまいますが、それでも近頃の若い女性のなかには、外人と同じように脱いだまま入ってくる人がいます。

娘が友達を家に招いた場合、妻がスリッパも履きやすいように人数分を揃えておくのですが、帰るときに見ていると、きっちり揃えて片付ける人はごく少数です。

靴を揃えるというマナーは、その人の実力や能力を計る物差しではありませんが、もっと大きな意味では、しつけとか育ち方に直結するもので、その立ち居振る舞いで、その人の出身がうかがいしれるものです。

玉の輿に乗るためには、ぜひとも基本的な礼儀作法を身につけなければなりません。



実際、いまの若い男女のほとんどは、「そんな細かいこと、いちいちいいじゃないか」というタイプでしょうが、やはり社会では通用しません。

もし、あなたが女性で、由緒ある家の息子さんと結婚話が持ち上がっても、その種の行儀作法やしぐさがしっかりしつけられていないと、最後の最後で選考に落ちるかもしれません。

また、障子を開けるときも、座って開けるという日本古来の作法が必要になるケースも想像以上に多いもので、特に夏場に浴衣を着る女性がふえている昨今では、この作法を知っていないと大損します。

ドアを開けるときにひとこと「失礼します」と声をかけてから入るマナーも、マスターしないといけません。

これらの些細なマナーは、たいしたことがないように思われるかもしれませんが、イザ、結婚となると、これらのマナーが身についていない人は、明らかにいずれかの親族からクレームが付くと考えたほうが良いでしょう。
それほど大切なことです。


今からでも、そういうことに留意してなれておきましょう。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.