玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

玉の輿に乗るには上品な食べ方で育ちの良さを演出


玉の輿に乗りたい女性は、まず、上品な食べ方で育ちの良さを演出できるぐらいの器量がなければなりませんよ。



デートで食事しているときなど、箸の持ち方をちょっと注意してみていますと、何か違和感のある持ち方をしている女性はいませんか。

たとえば、幼児が持つような握り箸とか。

箸の持ち方は、中指を真ん中に入れてV字型に使うのが基本ですが、小さい頃から慣れている持ち方を、すぐに直すというのはムリとしても、いくつかのマナーだけは覚えておいて損はありません。

ある意味で、箸の持ち方は、生まれ育ちや品格に関わる問題を含んでいるからです。

よくいわれるのは「迷い箸」で、鍋料理を囲んでいるようなときに、どれを食べようかなど箸の先で料理をさがしたり、つついたりする人がいますが、これはやめたほうがいいでしょう。

次に箸を置くとき、相手に箸の先を向けて置くのは失礼です。

これは結婚の時には育ちをみられます。

一般的な育ちの家庭では、必ず箸置きを使いますから、そこに置く習慣ができあがっていますが、育ちが良くない家庭になると、箸置きを使うことが少ないです。



そうしますと、いい加減に箸を置く習慣がつき、汁碗の上や皿の上にも置くようになってしまいます。
これが肝心なときに出てしまい、ときには縁談がこわれる原因にもなるのです。

そうならないためには、箸置きの習慣のない人は、今日から箸置きを使いましょう。
おもしろいもので、箸置きがあると、自然とそれに置くようになるから不思議です。

この箸置きを用いないから、箸をもったまま、相手を指したり、箸でいたずらするようなことになるのです。
なお念のために言いますと、韓国では茶碗類は手に持つ習慣はなく、そのため顔を碗に近づけることになりますので、最初から長めの箸を用いるのです。

日本では茶碗をもって箸を使うので、短めになっています。

カレーやパスタなどを食べるときは、どうしても顔を近づけてしまいがちですが、あまり近づけますと、動物的な食事方法になって犬の食べ方のようになってしまいます。
顔は近づけず、スプーンやフォークを口にもってくるようにしましょう。

もっと簡単にいえば、できるだけ頭を上下させないこと。これが基本と言ってよいでしょう。
たったこれだけで、上品な食べ方が身につくはずです。










Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.