玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座


男の見栄を逆用するのも玉の輿に乗るためには必要


男というのは、いつでも見栄を張っていたいもので、つねに「忙しい、忙しい」と言っているものです。




ですから、あなたの彼を怒らせようと思えば、「あなたっていつも暇そうね」と言ってみると良いでしょう。

男は、「あなたって暇ね」といわれると、男の存在価値を否定されたように思い込み、怒り出す人もいます。

賢い女性は、これを逆用して、「あなたっていつも忙しいのね」と言って彼を喜ばせますと、彼は舞い上がります。

恋愛を成功させようと思えば、「お忙しいでしょうね」と先ず最初に切り出して、男の歓心を買うことです。あるいは、何も話題がないようなときにも、まずこのひとことを言っておけば良いでしょう。

ただし、こういう男では玉の輿には乗れませんよ。


大概の男は、「それほどでもないですが」といいながら、「今は、新しいプロジェクトに携わっているから忙しいです」とか、「上司が仕事ができないために、困っているんだ」と言って、いかにも自分が有能な人間であるかのように振舞おうとします。



こんなときには、恋の駆け引きが大切ですよ。

「じゃあ、そんなに忙しかったら、デートの約束をしようと思ったけど、難しいみたいですね」と突っ込んでみましょう。

そんなら、あわてて「あなたとなら、残業なんて後回しですよ」というような男ならたいした男ではありません。

ただ、見栄で「忙しい、忙しい」といっているだけですよ。

たしかに、「忙しい、忙しい」を連発するような男は、たいした仕事ができず、本当に有能なやり手タイプは、仕事も人生も楽しみますから、こんな言葉を連発することはありません。

こういう男には、「そんなに忙しいのなら、別の人を誘うわ」と別の男の存在を匂わすと効果的で、男は自分の能力を誇示したつもりなのに、男はそれを無視されたのですから、逆に嫉妬するようになるものです。

ただ、注意しなければいけないのは、こういう男は、気が弱く見栄っ張りなだけに、結婚でもしたら、妻の行き先をこと細かく問いただすようなことになりますよ。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.