玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

玉の輿に乗るには「やる男」と「やらない男」を見分けよう


女性が幸福になるのも、あるいは不幸な身の上になるのも、男しだいであるのは、昔も今も変わらぬ事実です。
ですから、玉の輿に乗るには「やる男」と「やらない男」をしっかりと見分ける技量が大切なのです。




ただ、女性も、才能に恵まれて、男を頼らず、キャリアウーマンで生きていくだけの技能や技術があれば別でしょうが。

それでも、伴侶のいない女性が幸福であるという保証はありません。

男というのは、結婚によって、自分の経済的な生活が大きく変動することはないので、女性によって、自分の生き方が大きく変わることはありませんが、女性は結婚を考えるようになると、自分の人生の幸不幸を男にかけるわけですから、結婚相手の彼の日常がとても気になるものです。

中でも朝寝坊の過ぎる彼にイライラして、「もっとしっかりと働いてよ、こんな状態で結婚できるの」と、ハッパをかけたくなります。

まして、「できちゃった結婚」ともなると、もっと真剣です。
つき合いだしたころには、彼の鷹揚でのんびりした考え方に理解を示し、出世を急がない彼に共感を抱いたものが、イザ結婚となると、「これぐらいの給料だととてもやっていけないわ」と、彼にもっと収入を増やしてくれるよう、迫っていくことでしょう。



特に最近はフリーターの男たちが急増しているため、怠け心は直接、生活費の苦しさに直結します。
しかし、ここであなたは、怠惰といっても、本当に心の底から怠け者なのか、それとも何か考えがあって怠けているのか、彼をよく観察し、よく話し合わなければなりません。

私に言わせれば、かりに彼が真性の怠け者だとしても、彼だけに責任があるわけでなく、それを見抜けなかった女性にも責任があるのです。

一般的に、男のほうが「疲れた、疲れた」という言葉を、よく口にします。

女性からすると、「なんて情けない」と思うでしょうが、これは陽と陰の違いからきています。

なにかをしようとするとき、陽である男は、瞬発力を発揮したり、徹夜し一気に何かを成し遂げようとしますが、陰である女性は、じっくりと時間をかけて腰をすえてかかります。このような違いから、男は、一気に全力を尽くす分、早く疲れることは事実です。

そんなことを考えながら、最初につき合うとき、彼の日常の生き方をよく見ておくことです。

それは簡単なことで、本当の怠け者は、すべてにけじめがなく、歩き方はダラダラし、寝方もだらしないものです。やる気のある怠け者は、休日だけグッタリというタイプで、一年中ダラダラはしていません。

そこをよく観察してみましょう。










Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.