玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

無責任な男は追い詰めれば本音が出る


男女の交際も5年も続けばマンネリとなり、女性としては、「もうそろそろ結婚してもいいんじゃない」と、こう言った途端、翌日から彼が消えてしまった、という話があります。



女性のほうは結婚を前提に交際していたと思っていたのに、彼はそうではなかった、ということのようですが、これはなにも結婚詐欺師の話ではありません。

これは、今さら驚くほどの話ではなく、よくある世間話です。

男も、最初から遊ぶつもりなどなく、「そろそろ」という気持ちは互いにあったはずなのですが、たまたま夏休みで実家に帰っていたときに、見合い話が持ち上がり、ついにこの見合いを断れなくなって、せっぱつまって会社も辞めて、いなくなってしまったというのです。

芸能人だけでなく、近頃の結婚は、40歳近くまで独身でいる男が増えてきており、40歳を大台と考え、39歳までに結婚しようと考えている駆け込み結婚が増えてきているようですね。

なぜ、そんなに遅くなったかというと「自由に使えるお金がない」ということでしょう。

一人住まいになると、住居費から電気代まで自分で払わざるを得ず、それなりの出費となりますが、少なくとも親元にいれば、自分の給料は自分の好きにできるわけですから、ある程度の生活レベルを維持できます。



それが結婚ともなれば、実家から出なければならず、その不安から、「結婚」が現実となったときに逃げ出してしまう男がいるということです。


これは何も結婚だけでなく、会社に入ったばかりの新入社員でも同じで、自分で自分の責任を取れない輩が増えているのです。要は無責任な人間なのです。

こういう無責任な男には、時おり追い詰めて、本音を出ささなければなりませんよ。

たとえば、会社では、上司に叱られたら、翌日から出社しなくなったという話はどこにでも転がっていますね。

エリート大学卒業、入社1年目の部下は、上司に叱られた翌日から休んでしまったということで、電話しても出てこないが、同僚が彼の部屋に出向いたところ、その部下はマンガを読んでいて「会社を辞めます」と、一言いうだけだったということです。

あなたの周囲にも、これに似た男がいるのではないですか。

恋愛も一緒で、いつも逃げを用意しているような男がいるもので、そんな男とは、危なくてつき合ってはいけません。

交際し始めた最初のころに、どこか責任感が乏しいな、と思うようなことが1回でもあれば、警戒したほうが安全ですよ。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.