玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

彼の口グセで玉の輿に乗れる相手かどうかか分かる


どこの職場にもいると思いますが、顔を合わすたびに、
「今日は疲れてしまったよ」
「アホで頑固な上司には泣かされるよ」
「あんな意味のない会社辞めたい」
「どうせオレなんか、学歴もないし頑張っても出世もしないよ」
といったマイナス言葉を発する人はいませんか。



もし、あなたの彼が、上記のような言葉を常々言っているようなら、少なくとも玉の輿に乗せてくれるような男ではありませんよ。

年上の優しい女性だと、「そんなに疲れているなら、ちょっとマッサージしてあげようか」とか、「そんなこといわないの」と、子どもをさとすようにいい聞かせますが、それは結局ムダ骨に終わることになります。

若いうちから、強い生命力を感じないようなマイナスイメージばかりを抱く男は、社会で闘う意思や能力を始めから放棄しているようなものなので、最初から負け犬なのです。

若いときには、本来、若いというだけでエネルギーが全身にみなぎっているもので、自然と前向きの言葉が出てくるものです。

それが、人生で一番生命力が溢れる20代とか30代で、発展性のない言葉を習慣的に発するような男は、40代や50代になれば、ますます精神が萎縮して、自分の力では生活の糧を得ることができなくなるのは、目に見えています。




このタイプの男は、ほとんどヒモ的な状態となって女性が男を食わせるようになります。
それは当然で、負け犬は、自分で餌をさがす気力も勇気も持たないからです。

ところが、中には、こういう人間に限って、責任転嫁し、自分が悪いのではなく、社会が悪いんだ、上司がいけないんだと、いつも愚痴っているのです。

こんな男と結婚したら、それこそ大変で、あなたが彼の生活を見なければならなくなりますよ。悪いことは言いませんから、気になる口癖を彼が持っているなら、即座に付き合いを止めましょう。

同情や惰性で付き合ってはいけません。長く付き合えば付き合うほど、その男の本質が見えなくなるからです。あとになって、必ず後悔することがわかっているなら、いまのうちに後悔しないようにしなければなりません。

恋愛は確かに相手を思いやる心がなければ成立しませんが、それはお互いに持つという前提があっていえることです。

彼が「金もってる」「いくらある」という要求を口癖にしているようなら、その時点で恋愛は成立しないのです。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.