玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

目は心の窓であり、気になる人とはアイコンタクトで


人の目というのは、何ひとつモノは言いませんが、ただその目の動かし方や視線によって、いろいろな思いを語りかけてくるものです。

特にメジカラのある人は、それだけで凄みさえ感じさせますね。



男性と女性が惹き付け合うのは、お互いの心のバイブレーションが合うときであり、バイブレーションが合えば、自然と好意を寄せる人の目を見ようとするものです。反対に相性の合わない人とは、自然に目をそらすものです。

もし、好意を寄せている彼が、あなたに対して目を合わせるしぐさをしてくれたら、あなたに好意を持っていると思っていいかもしれませんよ。

告白したら、スムーズに交際にまで発展する可能性は十分にあるでしょう。

目で表現されるメッセージには、アイコンタクトがあり、その回数の増減で好き嫌いが分かります。

たとえば、愛し合っている男女は、お互いの目を見つめあいますが、普通の人間関係に比べて、その回数は大変多くなるのです。

視線は言葉と同じくらい重要な意味をもっていて、アイコンタクトは相手に対する関心や、「好き」や「嫌い」の感情をも伝えているのです。



このことから人のアイコンタクトは、恋人や好意を持っている相手に対しては増え、嫌悪や不和の感情を抱いている場合には減る傾向があるようです。

表面的には友好的な会話をしている場合でも、そのアイコンタクトを観察すると、実際には友好的とは言いかねる場合が少なくなく、「目は口ほどにモノを言う」とは、よく言ったものです。

ただ、このぐらいの回数なら「好意」、何回以下は「嫌悪」というような判断はできません。

なぜなら、人によってよく視線を合わせる人と、そうでない人がいるからで、誰でも心当たりがあることでしょうが、好きだと意識しすぎて、かえって視線を合わせられないこともあるからです。

また、日本人の場合には、もともと視線を合わせるのが苦手な人が多いといわれているので、判断基準がより難しいのです。

間違った判断をしないためには、その人その人の平均的なアイコンタクトの仕方を、あらかじめ知っておくことが必要になるでしょう。

一般的には、男性よりも女性のほうがアイコンタクトの状況に強いとされていますが、男性のほうが、シャイで恥ずかしいがり屋が多いということでしょう。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.