玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

トラブルや障害が大きいほど二人の絆は強固になる


ロミオとジュリエットのように恋愛ドラマは、目の前に立ちはだかる困難が大きければ大きいほど、燃え上がって二人の絆が強く結ばれものです。




映画『タイタニック』を見ても分かるように、困難が次々と襲いかかるたび、愛もどんどん深まっていき、そして困難や不安が二人の絆をいっそう強くさせるとき、男は彼女のために死をもいとわないのです。

これにはどんな心理が働いているのでしょうか。

人間は、いかに自我を張って強がっていても、本当の困難や不安な状況におかれたとき、やはり誰かの助けを得たいと願うものです。

男女間では、困難な状況に直面したとき、互いに気持ちを支えあい、助け合える人がそばにいてくれたらと切望するものです。

このような欲求を「親和欲求」または「親和動機」といい、不安や恐怖が大きくなると、それにつれて強くなり、そして、同じ立場や似たような境遇にある人と一緒にいたいと思うようです。

同病相憐れむということばもありますが、気持ちが分かち合える同じ環境の者同士で、話し合ったり慰めたりすることで、少しでも不安を和らげようとするのです。



つまり、人は大きなトラブルや地震などの大きなパニックに見舞われたとき、お互いに体を寄せ合って助け合い、同じ境遇の気持ちを分かち合えるパートナーが欲しくなるということです。

さらに男女の恋愛で反対や障害があったとき、ともにその困難を克服しようというスパイスが加わります。

心理学では「ロミオとジュリエット効果」と呼ばれ、親や周囲の人たちにの反対されることで、恋愛感情はかえって熱く激しく燃え上がってしまうのです。

要するに、誰からも祝福される申し分のない恋よりも、反対されて引き裂かれたりする困難な状況をともなった恋のほうが、強い絆ができるのです。

ただ、若い二人が注意して欲しいのは、親の反対や親族の反対が起こるような結婚は、将来何かとトラブルを抱えることが多く、良い運勢や発展性のある運勢にふたをするようなことになりやすいので、もし、そういう状況で結婚できたのなら、両親からできるだけ早く認められるように努力する必要がありますよ。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.