玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

別れた後の彼のしぐさで本音が見えてくる


何についても言えることですが、人の本音を知るためには、表面の顔とか態度だけでは分からないもので、それよりもその人とデートで別れた後の後姿に、その人の本音が出るといわれます。



相手が目の前にいるときは、言葉や表情に気を遣っていて、なかなか本音を見せないものですが、後姿には、本人も意識していない気持ちが現れるからです。

たとえば、ビジネスの商談で相手に商品を実際の値打ちよりも高く売りつけようと企んで交渉した後などは、後ろめたさがあるために、「じぁ、また、今度」と急いで立ち去ろうとしますが、これなども早く自分だけになりたいと思っていることが多いようです。

これまでの時間が負担になっていたり、どこかに遠慮があったりして、さっさと切り上げたかったと考えられるのです。

あえて人ごみの中に入って行ったり、路地を曲がったりするのは、それまで後ろめたい思いを抱えていた可能性があります。



よく電車のホームなどで、別れた相手がその後になにをするかが見えるときがありますね。たとえば別れるた後、ホームのベンチに座って新聞や雑誌を広げるのは、気持ちが既にこちらになく、ほかのところに移っているということでしょう。

これまでの時間は、お義理で過ごしていたのかもしれませんね。

さて、男女の別れのシーンはどうでしょう。

「デートの後では、より惚れているほうがいつまでも見送る」と言われており、相手を深く思っていればいるほど、楽しい時間を過ごした後では、別れがたい気持ちが湧いてくるのです。そのため、去っていく相手をいつまでも見送ったり、何度も振り返って手を振ったりします。


しかし、この人間の心理を知っている人は、わざと振り返らないようですが、この人は、なかなかの上級者だといえるでしょう。男女の仲は、逃げると追っかけ、追っかけると去ってしまうというケースが多いことを知っているから、ちょっと冷淡に見せることによって、相手をもっと燃え上がらせたいという演技です。

でも、この演技もやりすぎるのは逆効果。一度も振り返らずに去っていく後姿は、ひどく冷淡でそっけなく見えて、かえって別れるきっかけになるかもしれませんよ。

デートの相手や目上の人だったらもちろん、そうでなくても別れた後で一度くらいは振り返って、軽く別れの挨拶をしておきたいものです。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.