玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

彼の浮気を疑う人は、あなた自身に浮気願望あり


男と女のヤキモチは恋人間であるのが普通で、ちょっとしたヤキモチなら、やかれたほうもまんざら悪い気はせず、逆に二人の愛情が深まって、より二人の仲を親密にするスパイス効果があるといっても良いでしょう。



しかし、ヤキモチも度が過ぎますと、二人の間も険悪化して、疑い深い人にとっては、相手が浮気をしているのではないかとか、自分は捨てられるのではないかと、疑心暗鬼になってしまうものです。

心理学の解釈では、相手が浮気をしているのではないかと疑う気持ちを持っている本人こそ、往々にして浮気願望があるとされているようです。

人間の心には、常に二面性があり、一方の心が肯定すると、反対の心が反対するというように、つねに心の中が葛藤しながら、物事の判断をしているものです。

ですから、深層心理として、浮気をしたいと思っているのに、良心の声は浮気はしてはいけないことだとあなたに強く訴えるため、自分の中にそんな欲求があることを認めようとしません。



ただ、浮気をしたいという感情を抑圧しても、抑圧された感情は心の中から完全に消えてしまうわけでなく、かえってその感情が無意識に相手に向けられ、相手が浮気をしているのではないかと疑ってしまうわけです。

つまり、自分が認めたくない欲望を、相手が持っていると思い込んでしまうのです。


このように、自分の欲求や感情を他人に投影することを「投射」というようです。

これは、何も浮気にかぎったことではありません。

もし、あなたの会社の中に嫌いな上司がいて、何かあれば、上司の欠点を突いてやろうと心の中で思っていても、実際には臆病で、そんなことはできないと思っているとします。

そうしますと、その気持ちが相手に反映されて、何気ない相手の態度や話し方がすべて気に障るように感じられてしまうようなものです。

自分にはない欲望だと思っていることが、相手の態度やしぐさに感じられるとき、「これは、もしかして自分の欲求なのではないか」と考えると、意外と思い当たる節があるのではないでしょうか。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.