玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

いつも何かを抱いている人は心を閉ざしている


よくテレビの刑事もののドラマを見ていると、警察が犯人らしき男に事情聴取をしているシーンがありますね。



そのとき、容疑者と思ほれる人は、持っていたカバンとかハンドバッグを急に胸にしっかり当てて、受け答えをしているシーンが出てきますが、これなどは緊張が極度に達しているために、持っていたハンドバッグを胸に押し当てたものであります。

このようにカバンとかバッグを抱え込んでしまうのは、緊張のあまりなにかにすがりたいという気持ちのあらわれで、スムーズなコミュニケーションを拒む姿勢です。

何かをしっかり握りし締めることで、少しでも落ち着こうとしているのです。

これと同じように、人とコミュニケーションをとる場合にも、あまりに緊張して固くなったままでいると、最初は打ち解けようとあれこれ考えていた相手さえも、だんだん落ち着かなくなってくるものです。

まず、人とコミュニケーションをはかろうとするときは、自分と相手の間に障害物をつくってはいけません。



よく職場などで、嫌いな同僚がいると、顔が見えないように書類を積み上げている人がいますが、相手と円滑なコミュニケーションをとるためには、バッグを胸に抱える行為はもちろん、本や書類を積み上げたりなどもしないほうがいいでしょう。 

たとえば、交際し始めて間もない若いカップルが、喫茶店で向かい合って座っているとしましょう。
もし、腕組みをしたり、キョロキョロと時計の時間を気にしたり、あるいはブレスレットに手を触れたりするのも、無意識のうちに緊張感がつくらせた瞬間的なバリケードなのです。

何気なく相手がテーブルの上の皿やカップを脇へ移動させて、話しかけるようですと、まずは、好意をしめしているのだと思ってまちがいありませんで、この恋は実る可能性が高いでしょう。

でも、もし相手がテーブルの上にあるカップとか、灰皿など、対話の邪魔になるものがあっても、知らん顔だったら、相手はあなたに対して心を開こうとしていない可能性があります。

つまり脈がないのです。


こういう人との恋は時間をじっくりかけるか、別の恋を探したほうがいいかもしれませんね。









Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.