玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

頼りがいのある男を見抜けば玉の輿に乗れる


男というのは、「ひとりで何かをやり遂げることこそ、男の醍醐味だ」と思っているところがあります。



確かに小さな目標なら、それでも良いでしょうが、ひとりでやれることなど、たかが知れています。

たとえ総理大臣であっても、ひとりの人間の能力など私たちとそれほど大差があるわけではなく、大きな仕事をしようと思えば、それなりに多くの人の協力がいるものです。

男の能力の発揮は、自分にたいした能力がなくても良いのです。

必要なのは、それぞれの分野のプロフェッショナルをどれぐらい知っているかということと、そしてそれぞれのプロフェッショナルの専門知識を必要なときにいつでも取り出せるかどうかがポイントになります。


これが実行できれば、たとえ能力がなくても、人間の能力は無限に広がり、その人が能力を持っているのと同じ効果が発揮できるものです。

「三本の矢」という逸話を知っていますか。

戦国時代に安芸の国で活躍した大名・毛利元就は、ある日、三人の息子を呼び寄せると、こう命じました。
「ここに一本の矢がある。これを折れるか」息子たちはそれぞれの矢を折りました。すると、元就は「では、、次に矢を三本束にして折れ」と命じます。束になった矢は、とても硬く、彼らは折ることができませんでした。



それを見た元就は、「一本の矢ではたやすく折れる矢も、三本集まればそう簡単に折れることはない。人間も同じように、ひとりではなく三人で結束を固め、困ったときには互いに助け合っていくのだ」といったのです。

人間ひとりが考え、行動するには限界があります。その時に、余計なプライドを捨てて相手に頭を下げて助けを求めることができるかどうかが、その男の度量をはかるポイントです。

自分の夢を果たすためには、時には、プライドも捨てて、素直に相手の助けを借りることもが大事です。

自分ひとりで力果てるまで頑張るのではなく、限界の一歩手前で立ち止まって、今の自分を客観視し、そして足りないものに気づいた時、周囲に「手伝って欲しい」「力を貸して欲しい」と協力を仰げることが大切です。

成功している人は、自分の力だけでなく、他人の力も借りることで成功しているのです。
そしてこういう人こそ、あなたに何かがあった時にも逃げず、一緒に立ち向かってくれるでしょう。








男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
頼りがいのある男を見抜けば玉の輿に乗れる
余裕のない男では玉の輿に乗れない
男の実力を見抜いてこそ、玉の輿に乗れる資格がある
共通の話題や趣味があれば、将来に夢が持てる
好かれる男、嫌われる男で男の器量が分かる
人の喜びをわが喜びと思える男は底力がある
玉の輿に乗るには損得抜きで行動できる男しかいない
玉の輿に乗るには人を育てることのできる男がいい
人生を前向きで明るく立ち向かう男なら間違いない
彼を家族の一員としてイメージできるかどうかが大切
玉の輿に乗るには、真に優しい男なら間違いない







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.