玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

好かれる男、嫌われる男で男の器量が分かる


どこの職場にもいると思いますが、議論する時も理路整然として正しいことを主張しており、その主張をだれもが暗黙に認めて信頼があるのに、なぜか同僚や部下から嫌われたり反感を買ってしまう男性はいませんか。



また、話が多少脱線していたり、的外れなことを言ったりして、ややいい加減なタイプの男であるのに、なぜか好かれる男性がいませんか。

その違いは何かといえば、自己主張だけして頑固さだけが目立つか、あるいは、相手の主張も認め、自分の非も認めるだけの柔軟な対応があるかどうかで決まるものです。

たとえ、理路整然と相手を納得させても、他人の意見に素直に耳を傾けない者は、どこの世界でも嫌われ、自分の間違いを指摘されたら、即座に「ごめん」と言えるような人は誰からも好かれるものです。

そのキーポイントは、「ごめん」の一言です。

自分が間違っていたことに気づいたとき、即座に「ごめん、それはぼくが悪かった」と素直にいえる人は、何かが起こっても柔軟に対応でき、臨機応変さを持ち合わせています。


また、この言葉を自分の非を詫びるときだけでなく、何か頼みごとをするときなどに「会話の潤滑油」として自然に使える男性は、相手に対して適度の距離感と気遣いを忘れない人といえるでしょう。



そして、素直にごめんが言えるような人は、人間の器が大きいからできるのです。頑固な人は自分が頭を下げたら自分が他人に負けたように思うため、頭が下げられないのです。

それだけ男の器量が小さいということを証明しているようなものです。

ソフトボールとかキャンプファイヤーなど、みんなで共同作業するときなどに注意してみてみましょう。

正しい恋愛相手を発見するには、あなたの彼が、間違ったときに素直にごめんと言えるかどうかで判断すると好いでしょう。

「彼には『ごめんの』の一言がないんです。全部『俺が正しい』で押し通し、絶対謝らないのです。しまいには逆ギレすることもあって」

このような男は、明らかに自分が間違っているのに、「ごめん」が言えず黙り込んだり、言い訳した後は、ますます甘えて、自分の主張を通そうとします。

つきあいはじめると、生活習慣の違いや食べ物の好みの違いなどから行き違いになることもあるでしょうが、そんなときにも、謝るべきときにはきちんと「ごめん」の一言が言える人は、この先のさまざまな試練やハードルもあなたと一緒に乗り越えられるはずです。







男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
頼りがいのある男を見抜けば玉の輿に乗れる
余裕のない男では玉の輿に乗れない
男の実力を見抜いてこそ、玉の輿に乗れる資格がある
共通の話題や趣味があれば、将来に夢が持てる
好かれる男、嫌われる男で男の器量が分かる
人の喜びをわが喜びと思える男は底力がある
玉の輿に乗るには損得抜きで行動できる男しかいない
玉の輿に乗るには人を育てることのできる男がいい
人生を前向きで明るく立ち向かう男なら間違いない
彼を家族の一員としてイメージできるかどうかが大切
玉の輿に乗るには、真に優しい男なら間違いない







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.