玉の輿に乗れる人は玉の輿に乗る方法を知っているのです。婚活女性はぜひ玉の輿に乗れる方法をマスターしてリッチな結婚生活を送ろう

Menu ▼
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座
玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには夫婦関係の真のあり方も知ろう
玉の輿に乗るための恋愛力・婚活力を高めよう
玉の輿に乗るには思いと行動で運気をパワーアップ
玉の輿に乗るには男の言動で本音を見抜こう
男の愛のサインに敏感になれば玉の輿に乗れる
男の値打ちを見抜く女性だけが玉の輿に乗れる
玉の輿に乗れる方法の実践講座

玉の輿に乗る条件は
夫婦は一心同体であることを知ること


夫婦の一心同体と言われますように、夫の半身は妻であり、妻の半身は夫であります。

日本では、夫または妻のことを、どちらも「ツマ」と言います。



これを知ることが玉の輿に乗るための一つの条件と言ってもいいでしょう。


この「ツマ」の「ツ」は、繋がる、続く、連なる、継ぐ等の語源をなしているものであり、二つのものが相寄り相連なることを指しています。

そして、「ツマ」の「マ」は、誠(まこと)、真(まこと)、円(まるい)、完全(まったし)などの「マ」であり、円満完全であって欠けることのない意味であります。

ですから、「ツマ」とは、夫と妻が相寄り、相結び合って、一つの完全なものになることを意味しているので、夫婦というのは、一心同体ということにもなり、その夫婦が一個の完全体として、社会活動の基本単位にもなります。



もちろん、独身の人でも、一家を持つこともできるし、ひとりの「完全人」としての生活を営むこともできますが、それは自然な姿ではありません。

本来、陰と陽の二つが揃って一人前であり、二つ揃っているべきものの一方が、何らかの事情で揃わない場合には、片一方がそれを補う作用をしているのです。

たとえば、私たちの体には、両目両耳がありますが、一方の目が見えないときは、もう一方の目が発達し、あるいは一方の耳が聞こえないときは、もう一方の耳が発達して補う作用をします。

ただ、これは本来のありようではないように、夫婦が揃わない家庭には、陰陽の調和が欠けていて、家庭に潤いが不足するということになります。







玉の輿に乗るための基礎知識
玉の輿に乗るには、これまでの考え方を一新すること
正しい夫婦関係を知ることが玉の輿に乗る秘訣
玉の輿に乗る条件は夫婦は一心同体であることを知ること
男はあなたが幸せになれば喜ぶ生き物なのです
夫を幸福にすることが玉の輿に乗る秘訣
いい男と波長を合わさないと玉の輿には乗れない
玉の輿に乗るためには、真面目な男性はどういう女性を選ぶのかを知っておこう
玉の輿に乗るには財産や家柄にこだわず、男の才能にこだわろう
男は女性を手に入れようと思えば平気でウソつもつく
同情結婚であなたの人生を犠牲にしてはいけない
嫉妬深い男を結婚相手に選んではいけない
男女の関係が長続きするのはお互いの笑顔から
 
 【陰陽の働きを知らずして玉の輿には乗れない】
陰陽論は男と女の正しいあり方を象徴している
左は男を象徴し、右は女を象徴している
最近の男女同権と離婚の関係について
阿吽(あうん)の呼吸が合うことが男女の恋愛の基本
女性が男性の右側に並んで歩くのがカップルの基本







Copyright© 2015.玉の輿に乗れる方法なんて本当にあるの?. All rights reserved.